會社記事

會社記事

您所在的位置:

首頁 > 會社記事

19897月に丹東市振安區同興防腐材料工場を創設した

19901月に丹東市防腐材料工場に改稱した

19904月に丹東第1回「鉄サビ取り鈍化新製品、新技術研討塾」が開催された(遼寧省國防科工事務室共同主催)

19906月に?リン酸と塗裝」內部雑誌が設立された

19913月に中溫シリーズの脫脂、サビ取り、リン酸製品を開発し生産していた

19925月に會社は経営規模が拡大した故、丹東市真珠街220號に移動した

19926月に丹東市鉄鋼表面処理材料有限會社に改稱した

19932月に丹東天竜化學工業有限會社に改稱した

19933月に會社製品が初めて西北市場に入った

19946月に會社は3年連続で、省レベルの信用會社と評価された

19955月に會社はDH-551常溫黒化剤を開発し生産していた

19956月に會社は全面的にコンピュータ管理を実行していた

19958月に會社は初めて國內の短大の學院、科學研究院に専門家の顧問を招いた

19962月に會社はDF-2號常溫リン化製品を開発し生産していた

19966月に會社はMD-9686常溫効率脫脂剤を開発し生産していた

19967月に會社シリーズ製品は「中國國際新技術名優博覧會金賞」と評価された

19969月に會社の一連の製品は國家レベルの「星火計畫実施十年の優秀項目賞」と評価された

19974月に會社と國家科學技術委員會と共同に丹東で「塗裝前処理新製品、新技術応用の普及會」を開催した

19975月に會社の一部の製品は市科學技術進歩賞を受けた

19975月に會社の一部の製品は國家レベルの科學技術成果と評価された

19976月に會社とドイツ華人経済促進會と協力関係を築いた

19976月に會社とドイツバーデン-ヴュルテンベルク州華人社會団體と協力関係を築いた

199712月に天竜化學工業會社のウェブサイトが開通した

19984月に會社と國家科學技術部と共同に北京で「全國塗裝前処理技術研討塾及び材料応用普及會」を開催し、在京の62社の報道機関が詳細に報道した。

1998年10月に會社はアメリカASTMD3306-94標準によって、「天竜」ブランドの高級車不凍液を開発し生産していた

199811月に企業は國內最高レベルのDHシリーズの金屬錆止め製品を開発し生産していた

199811月に會社はDF-3120型常溫リン酸塩液を開発して、リン酸塩液が0℃以上常溫リン酸の突破を実現した

199812月に天竜化學會社持株の丹東天竜環境保護塗裝設備製造有限會社が設立した

199812月に會社は広西柳州、湖北武漢、甘粛蘭州、山西太原、天津市、江蘇無錫、浙江金華、雲南昆明、広東番禺で直屬の支社を設立し、會社の製品が全國に普及する基礎を固めた。

19992月に會社は強力防腐電気亜鉛-鈍化剤を開発し生産、會社の製品が多様化に発展させた。

19998月に監察部、審計部を設立、會社の管理を更に改善した

199910月に會社の社長張連鴻は丹東市特貢人員と評価されて國家の幹部になった

199912月に會社は「エース」の脫脂剤を開発し生産していた

20003月にISO 9001品質システム認証は実行し始また

20003月に會社は新しいオフィスビル購入の決議が採択され、同年5月に新しいオフィスビル(丹東市永安街26號)に移設した

20004月に會社の社長張連鴻はドイツへ會社製品展示即売會を參加しに行って、ヨーロッパ各界の同行と幅広く意見を交換した

20005月に會社とハルビン飛雲グループと長年の協力関係を確立した

20006月に粉末塗料設備製造ラインの導入が立案した

20007月に処理量が1トン/時間のダブル効果浮選環境保護設備のプロトタイプを製作した

20007月に丹東で浮選汚水処理環境保護設備の推進會議を開催した

20008月に丹東天竜ペンキ粉末塗料化學工業工場は丹東天竜粉末塗料有限會社と制度変更した

20009月に粉末塗料プロジェクトが正式に稼動した

20009月に中獨協力の丹東天竜斯泰新化學有限會社が設立された

20009月に丹東天竜金屬表面処理技術研究所が設立された

20009月に第1回丹東外弁者帰省セミナーを開催し、--丹東に帰って通年下半期のマーケティング戦略を検討し、ネット販売を改善し強化して、産業拡大の時代要求に応える。

20009月に環境保護設備會社のダブル効果浮選設備のプロトタイプは省特許局に主催された特許商品展示即売會を參加した

20016月に會社は代表を派遣してタイバンコクへアジア太平洋塗料展に參加し、アメリカアジア太平洋イーストマン會社との防錆油や黒化剤の技術提攜を行った。

20016月會社は中國の海外の學生(瀋陽?大連)の創業ウィーク活動で多くの海外の學生と広く深くの接觸、商談を行い、そしてとドイツナノ技術専門家汪峻峰博士と『表面ナノ技術が粉末コーティングでの応用」の技術提攜を締結した。イギリスから來た董金鳳博士と『表面活性剤は常溫狀態での重油脂脫除の応用を解決する」の技術提攜を締結した。瀋陽化工學院の海外から帰國した殷恒波博士と『ナノ二酸化チタン調製』の技術提攜、及び『金屬圧力加工の潤滑応用と発展研究』の技術開発提攜を締結した。

20017月に會社は50ムー、計33000平方メートルの土地を収用した

20018月に會社の企畫を通じて、標準工場を9000平方メートル草創した

20039月に會社は遼寧天竜化學工業有限會社に改名した

200310月に會社オフィスビルは検収に合格した

20046月に會社は工場の緑化面積が9970平方メートルを完成した

20049月に會社全ワンセットの表面処理検査、科學研究設備を導入した

200412月に會社は丹東市2002-2003年度A級納稅信用會社と評価された

十年來、會社は絶えず改善して革新し、環境配慮型金屬表面脫脂洗浄剤など一連の高品質、低コストの製品を出した。同時に會社は経営パターンと市場の方向性を探索しつつある。

20176月に會社中國市場のマーケティングモデルに參加され、サイト更新。

20178月再構成天竜サイト開設。


久久青草精品38国产